HOME > 事業内容 > 建築構造物 > コンクリート内部調査

コンクリート内部調査

コンクリート内部を透視します。

 
昨今、既存の建物をリノベーションして再利用する工事が増えています。それに伴い、穴あけ(コア抜き)時に鉄筋や電気・電話等の配線を傷つけてしまう事故も多くなっています。
そのような事態を未然に防ぐため、壁や床の中を確認してみませんか?

私たちは改修工事などに付随する穴あけ(コア抜き)作業の前に、安全な施工を実現するお手伝いができます。
 
コンクリート内部を透視します。
 
 

調査項目

 

X線による内部撮影

X線によりコンクリートの内部を透視します。現場で現像処理するので、すぐに結果がわかります。鉄筋,配管,CD管と幅広い対象物が判断可能です。

X線による内部撮影

 

レーダによる内部調査

レーダにより内部の状態を調査します。片面から調査可能です。基本的には鉄筋のみの検出ですが、配筋の乱れなどの情報から、電配が検出できる場合があります。

レーダによる内部調査

 
 
 

手法

 
放射線透過試験
(X線)
携帯式X線装置を用い、X線フィルム上にコンクリート内部の情報を反映します。鉄筋や電配管等は白く、CD管等は黒く、白黒の濃淡像としてフィルム上に写しこまれます。 X線による内部撮影
レーダ調査 電磁波をコンクリート内に伝播させ反射してくる電波から対象物の位置及びかぶり厚さを測定する方法です。ハンディサーチを使用します。 レーダ使ってる写真
 
 

コンクリート内部調査 - 非破壊検査のことなら東京理学検査へのページ先頭へ